お尻 乾燥

第2の顔!「お尻」は乾燥地帯!?

「寒くなって来たからお肌が乾燥するわ〜」と鏡を見て悩んでる方、多いと思います。膝も肘も、ちょっとケアを怠れば、粉を拭いちゃう方も少なくないですよね。身体の関節は酷使する上に、摩擦などの外部刺激も多いですからね。ちょっと待って、もう1つありますよー!酷使している所。「お尻」を忘れちゃ駄目です。

 

脂肪に惑わされずにお尻と向き合おう

お尻は脂肪が沢山付いているので、みずみずしいイメージはありますよね。特にトラブルなんて無いんじゃないの!?って思ったり。顔みたいに毛穴が開くわけでも無ければ、オイリーになる訳でも無く角栓だって滅多に溜まったりしないのです。そこなんです!新陳代謝が悪いからこそ油分が足りない事がしばしば。乾燥しやすい場所なのですね。

 

床に付く部分は確実に乾燥する!

肘も膝も足の裏はどんなに顔がオイリーな人でも乾燥してしまうのです。特にケアをしなければ、角質は硬くなり、ガッサガサに。普通の生活をしていればお尻は床や椅子、便器などに触れる事は一日に沢山ありますね。座るという事は全体重を支えている訳ですから、足の裏との負担はそう変わりありません。なのに角質が硬くならないと言う理由は、単純に脂肪が沢山付いているからだけで、実は表面はものすごくダメージを受けています。

 

お尻の新陳代謝

基本的にはお尻の新陳代謝が悪いのはみんな同じです。構造上はほぼ脂肪で出来ているので、筋肉が少ないのですね。筋肉が少なければエネルギーを作る事がなかなか難しいので、代謝が落ち、皮膚の再生能力(ターンオーバー)が乱れる原因になります。よって、乾燥を招いてしまうのです。ボディビルダーの方など、筋肉がお尻までしっかり付いている方はプルプルはしていませんが、お尻をはじめ、お肌は乾燥知らずだったりします。