お尻 乾燥

お尻の乾燥とファッションとの関係について!特に下着には注意?

お尻の乾燥とファッションも深く関係しています。
顔と違いいつも下着に接していることから、その素材が肌にわるいものであれば、刺激物となってしまいます。
下着で必要なものは吸水と通気ですが、ナイロンなど化繊出できたものが多いですね。

 

スタイル良く見せようとピチッとしたスキニーやレギンスなどは、吸水性が悪く、きつく締めつける場合、血行も悪くなってします。
下着がおしりに密着して、雑菌が発生しやすい、かゆみや炎症、湿疹がおこると同時に、水分も不足して、乾燥してしまう結果になります。
菌の中にアクネ菌があることで、にきびできやすくなってしまいます。

 

しかし、こうしたファッションをしなくてはならない場合もあります。
そんな方には、お風呂や風呂上がりのお尻ケアを徹底することで、乾燥を橋攻めとする肌トラブルを解消しましょう。

 

その方法は至って簡単です。
まず、風呂ではゴシゴシ洗わず、できれば低刺激の石鹸を使い優しく洗います。
そして、風呂上がりに、お尻の保湿ができるクリームをつけるだけ。
これだけで、いつも保湿された状態を保てることで、日中の血行不良、乾燥なども一応リセットすることができます。

 

日ごろからのケアが大切になるのですが、ファッションのためのナイロンの下着なども常時使用しないなどの工夫も必要です。
天然素材のものを選ぶなど、皮膚に優しい素材のものを使用しましょう。
お尻の乾燥を防止できるファッションを選んだり、生活を心がけることで、ツルツルの肌になっていくことができます。